子育て中のお母さんなら1度は耳にした事があるのではないでしょうか?

“絵本の読み聞かせは子どもにとって大切だよ”

絵本の大切さを漠然とは分かっていても充分に時間を取れなかったり、つい後回しにしてしまったり・・・

なかなか実践できずにいるお母さん方も多いのではないでしょうか

お母さんの膝で絵本を読んでもらう時

子どもは絵(色・形)を読み、そして声(言葉・文字)を聞きます。

それらが一体となって “気持ちがいい” と感じ、安らぎとお母さんの愛情を感じます。

お母さんにはぜひ、子どもと一緒に驚いたり・喜んだり・悲しんだりして

感動の共有をしてほしいですね。

スポンサーリンク

 

更に、乳幼児期から絵本を読み聞かせてもらった子どもは

人の話をよく聞けるようになるといいます。

語彙が豊富になるのは勿論のこと、自分の気持ちを表現出来る事が楽しくなり

友だちや家族との会話が楽しくなります。相手が何をしたいのか、何を伝えようとしているのか、ジッーと見極めようとします。

次第に相手との意思疎通がはかれるようになると、心が満たされてゆくのです。

 

★おすすめ 絵本★

【ノンタンシリーズ】

年齢が小さな子にもわかりやすい動物のキャラクターのお話です。

読みやすいお話の長さで、『誕生日』や『歯磨き』など生活を題材にしたお話も多いのでおススメです。

 

【もったいないばあさんシリーズ】

「もったいないばあさんが くるよ。お茶碗に残ったごはんつぶ、お水のだしっぱなし・・・あぁ~もったいない!!」とてもインパクトのある絵本です!面白く、わかりやすく、力強く、「もったいない」を表現してくれています。物を大切にすることを、小さい子にも自然と伝わる絵本です。

 

【いないいないばあシリーズ】

どの年齢の子どもも楽しめるものが「いないいないばあ」シリーズの絵本です。

「いないいない…、ばあ!」の掛け声とともに、お子さまと顔を見合わせ笑顔があふれます。お子さまとのスキンシップに最適です!

 

 

絵本は好きな時に好きなだけ読むのが基本だそうです。

しかし、何冊も『読んで』と言われると辛いですよね…(;^ω^)

付き合える時は、出来る限り付き合ってあげてくださいね。

親子で素敵な絵本に出会えますように~☆ミ

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の男の子を持つ母親のリエです。学校を卒業してからの仕事は、保育士1つでやってきました。保育士といえど、子どもが生まれてからは成長と共に不安な事や心配事もたくさんありましたが、主人の協力もあって、今は楽しく過ごせています。夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、息子のために愛情込めて作っています 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに息子は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです