絵本は、豊かな心を育みます。

“絵本の読み聞かせは良い事である”と知識はあっても、なかなか実践できない方も多いのではないでしょうか。

さて、絵本の読み聞かせは具体的にどうして良いのか、お話します。

スポンサーリンク

 

0歳児にとっての絵本効果

◎脳に良い刺激を与えます

0歳の赤ちゃんの視力は、ぼんやりしていてよく見えていませんが、色のはっきりしたものはわかりやすいそうです。

月齢の低い赤ちゃんほど、色や形がはっきりしているイラストが好ましいです。

字がわからなくても絵を見て、想像したり考えたりしながら、脳が刺激を受けて活性化されます。

 

◎親子のコミュニケーションがうまれます

読み聞かせをしている時間は、豊かな心の育ちのための重要なコミュニケーションの時間となります。

ママやパパの温もりを感じたり、抱っこしていなくても絵本を一緒に見る時間が親子のスキンシップの時間となり、お子さまにとって安心感がうまれます。

 

◎たくさん言葉を吸収します

0歳から読み聞かせをする時、赤ちゃんにわかりやすい擬音を聞かせることで、言葉をもっと身近にしてあげましょう。赤ちゃんはパパやママの口の動きをよく観察しています。読み聞かせをする時は、ゆっくり口を動かしたり声に強弱をつけたりする事で、発声の楽しさを伝えることが出来ます。

 

◎生活習慣を学べる

子どもに学んでほしいと考える生活習慣も絵本を取り入れて楽しい気持ちで覚えることが出来ます。動物やキャラクターの登場する絵本もありますので、お子さまの興味のあるものを選んであげると生活習慣や挨拶はすんなりとお子さまの心に入っていくと思います。

 

 

 

絵本を一緒に見たり、読み聞かせたりする事は慣れないと照れくささがあったり、疲れたりするものですが、0歳児向きの絵本は簡単な言葉だけですので、気楽に読んでみてくださいね。

なかなか絵本を読む機会がなく、自身が子どもの時以来だという方もいらっしゃると思いますので、絵本を見るととても新鮮に感じられたりしますよ。

お子さまと一緒に楽しい絵本の時間をお過ごしくださいね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の男の子を持つ母親のリエです。学校を卒業してからの仕事は、保育士1つでやってきました。保育士といえど、子どもが生まれてからは成長と共に不安な事や心配事もたくさんありましたが、主人の協力もあって、今は楽しく過ごせています。夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、息子のために愛情込めて作っています 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに息子は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです