絵本の読み聞かせを始めたいけど、“どんな本がいいのかな?”とお悩みではありませんか。

小さなお子さま、読み聞かせ初心者のパパ・ママにも読みやすい絵本の紹介をします。

 

小さなお子さまにも見やすいのは、やはり動物が登場する絵本!

いろいろな動物が登場する絵本を選んでみましたので、お話しながらお子さまと一緒に読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

いろいろな動物が登場するおススメ絵本

『こぐまちゃんとどうぶつえん』  わかやま けん:作 (こぐま社)

img55803770
【楽天ブックスならいつでも送料無料】こぐまちゃんとどうぶつえん [ 若山憲 ]
【あらすじ】

こぐまちゃんはしろくまちゃんと動物園に行きます。

動物園にはたくさんの動物たちがいます。キリンにゾウ、フクロウ、ぺんぎん、カバもいます。

ゾウは鼻をクルッとまいてりんごを食べる。ペンギンは上を向いて魚をごくり。

いろいろな動物たちの姿を知ることが出来ます。

 

 

こぐまちゃんシリーズの絵本は、絵がはっきりしているので年齢の小さなお子さまにも見やすい絵本です。

いろいろな動物たちの姿を描いてありますが、食事シーン・うんちシーンなど子どもだけではなく大人も新しい発見に出会える1冊になっていると思います。

この絵本を見ると、動物園に行きたくなるのではないでしょうか。

 

 

『ねずみくんのチョッキ』 なかえ よしを:作/上野 紀子:絵 (ポプラ社)

yreu
【楽天ブックスならいつでも送料無料】ねずみくんのチョッキ [ 中江嘉男 ]
【あらすじ】

おかあさんが編んでくれた赤いチョッキを着たねずみくん。

そこへ動物たちがやってきて、「ちょっと着せてよ」と次々にチョッキを着てしまいます。だんだん大きな動物が着てしまい、チョッキはどんどんのびて、最後にチョッキはどうなってしまうのでしょうか…。

 

 

シンプルな繰り返しのお話で、読みやすいです。小さなねずみくんのチョッキだけに赤色をつけた絵が、さらに絵本の世界に引き込まれる要素だと思います。

大切なチョッキを動物達にのばされてしまったねずみくんの気持ち、そして動物たちの気持ちをお子さまと一緒に考える事が出来る絵本です。

 

 

『どうぞのいす』  香山 美子:作/柿本 幸浩:絵 (ひさかたチャイルド)

mnjdn
どうぞのいす/香山美子・柿本幸造
【あらすじ】

うさぎさんが小さな椅子を作ります。“どうぞのいす”という立札と一緒に大きな木の下に置きました。

初めにやってきたロバさんが、持っていたどんぐりを椅子に置いて木の下で一休み。気持ちよくて眠ってしまいます。

さあそれから次々に動物たちがやってきます。椅子の上に置いてあるどんぐりを「どうぞならば…」とたべてしまいます。

ロバさんが目を覚ました時、椅子の上にあったのは…?

 

 

優しい色使いとタッチで描かれている絵本です。

『どうぞのいす』に置いてあるおいしものを、いろんな動物たちが食べては、別のおいしもの”を置いていくお話です。食べてしまうだけではなく、「からっぽにしてしまっては、あとのひとにおきのどく」と、代わりの物を置いていく“思いやり”が素敵な絵本です。

お子さまにも、自然に“思いやり”の気持ちが伝わる1冊だと思います。

 

 

 

素敵な絵本の時間をお過ごしくださいね。

以上、「子どもが読みやすい!いろいろな動物が登場するおススメ絵本を紹介します」でした。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の女の子を持つ初心者ママの本郷リエです。 夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 子育てには悩みも多いですが、子供の成長と共に自分も成長していける気がするので充実感がありますね。 家族のために頑張っている旦那さんを心から尊敬している、夫のことが大好きな頑張り屋さんのママです。 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、子供と旦那のために愛情込めて作っています。 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに娘は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです