紅葉の季節!

秋を感じられる遊びを活動に取り入れたいと考えている保育士さんいますよね♪

 

落ち葉を使用した遊びが意外と多い事ご存じですか?

子どもたちと簡単にすぐ出来る、“落ち葉”を使用した遊びをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

子どもたちと“カンタン落ち葉遊び”

○落ち葉集め&シャワー

木の枝に、拾った落ち葉を刺していきましょう。

黄色や赤など、色ごとに刺したり、形や大きさが同じものを集めたりするのもきれいです。

誰がたくさん集められるか、落ち葉の高さを比べっこするのも楽しいですね。

 

集めた落ち葉を思い切り上に投げてシャワー遊びです。

たくさんの落ち葉が空に舞い、子どもたちのテンションもアップする事間違いなしです!

年齢の小さなクラスの子どもたちには、保育者が落ち葉シャワーを降らせてあげてくださいね。

 

○落ち葉でお菓子作り

土でケーキやプリンなどを作って、その上をカラフル落ち葉で飾りましょう。

 

そのままの落ち葉を飾る子、落ち葉をちぎって飾る子、落ち葉を皿に見立てて遊ぶ子もいるかもしれませんね。

 

○落ち葉のカルタとり

落ち葉をたくさん拾ってきます。床に並べて、数人で同じものを探すカルタ取りをします。

同じものが何枚かあっても良いでしょう。

 

保育者が1枚を選び、「赤くて大きい、この落ち葉と同じものを見つけましょう!」などと特徴(わかれば名前も)を言いながら子どもたちに見せます。

 

年齢が大きい子の場合は、子どもたち自身が問題を出しあっこしても楽しめます。

 

 

○落ち葉で装飾&仮装

カラフルな毛糸で落ち葉をつないでネックレスを作ります。

あまり乾燥しすぎていない落ち葉を使いましょう。割れてしまいますね。

 

画用紙で帯を作り、落ち葉を貼り付け冠を作っても楽しいです。

 

カラーポリ袋を子どもの身体に長さを合わせ、首・腕を通す部分は丸く切り抜き、洋服を作ります。

そのポリ袋に落ち葉を貼り付け、落ち葉いっぱいお洋服を作りましょう。

男の子はマントタイプにしても楽しいですね。

 

 

○落ち葉のペープサート

割りばしにセロハンテープなどで落ち葉を貼り、油性ペンで目などを描いて人形を作ってみましょう。

素敵なお話の世界が生まれるかもしれませんね♪

 

 

 

以上、「幼稚園・保育園で出来る!子どもたちと“カンタン落ち葉遊び”を紹介します」でした。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の女の子を持つ初心者ママの本郷リエです。 夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 子育てには悩みも多いですが、子供の成長と共に自分も成長していける気がするので充実感がありますね。 家族のために頑張っている旦那さんを心から尊敬している、夫のことが大好きな頑張り屋さんのママです。 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、子供と旦那のために愛情込めて作っています。 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに娘は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです