活動の合間や、お迎えやバスの待ち時間に、何をして過ごしていますか?いつも決まった手遊びばかりしていませんか?“ちょっと時間が空いたな…”という時におすすめな簡単言葉遊びがあります!高齢者の レクリエーションにも使える簡単な言葉遊びは保育士おすすめです!準備も必要なくすぐに出来る遊びなので、ぜひ子どもたちと楽しんでみて下さい。

ttytr

 

スポンサーリンク

 

保育士おすすめ!高齢者の レクリエーションにも使える簡単言葉遊び

 

 

1 「反対から読むとなぁ~に?」

保育者が、2~4文字の単語を逆から読んで言います。子どもたちや高齢者の人は、その言葉を反対から読むと何になるかを答えます。文字数が多いと難しいので、4文字くらいまでにしましょう。

保育園・幼稚園に関係するもの(お友だちの名前)や、子どもたちや高齢者の人たちの中で流行っているもの、キャラクターにまつわるものを問題にすると盛り上がりますよ。

 

 

例えば・・・「ツク」→「クツ」  「ループ」→「プール」  「イセンセ」→「センセイ」 「ヨウツウ」→「ウツウヨ」

 

 

2 「○○色のもの、な~んだ?」

保育者が言った色の物を思い出して言っていきます。慣れたら「赤い食べ物」「白で、今見えるもの」など、対象を限定したり、「紺色」「紫色」など難しい色を出題してみましょう。

 

例えば・・・保育者が「赤色のもの、な~んだ?」と言ったら→「トマト」「ポスト」「○●ちゃんのリボン!」

子どもや高齢者ならではの観察力で答えが出てくるので、楽しいですよ。

 

 

3 「歩く音って、どんな音?」

いろいろなものが歩く音をみんなで表現します。この遊びは、みんな同じ動きで“こうじゃなきゃいけない!”というレクリエーションではありません。「クマ」というお題でも、立ち上がって歩くクマを表現する子もいれば、両手両足をついて歩くクマを表現する子もいるかもしれません。子どもたちや高齢者の自由な表現力を楽しみましょう。

 

例えば・・・保育者が「ウサギさん」と言ったら→子どもたちや高齢者の人たちは「ピョンピョン」などと言いながら跳ぶ真似をします。

 

 

 

4 「何が見える?」

言わなかった文字を当てるゲームです。

 

例えば・・・保育者が「な~にが見える?」と言ったら→「じ○うしゃが見える」など、○は声を出さずに口だけ動かしてみせて、そこに入る文字を当てさせます。最初は1文字だけ抜かし、慣れたら2文字、3文字抜かしにも挑戦してみましょう。

 

うyちゅちゅキャプチャ

 

言葉遊びは年齢や雰囲気を見て、問題の出し方を工夫し難易度を調節する必要があります。きまった高齢者や子どもばかりが楽しむ事のないように、みんなが参加できるように保育者や介護の人は配慮していきましょう。子どもたちや高齢者の人達と楽しいレクリエーションを使って、良い時間を過ごしてくださいね。

 

 

以上、「高齢者の レクリエーションにも使える簡単言葉遊びは保育士おすすめ!」でした。

 

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の男の子を持つ母親のリエです。学校を卒業してからの仕事は、保育士1つでやってきました。保育士といえど、子どもが生まれてからは成長と共に不安な事や心配事もたくさんありましたが、主人の協力もあって、今は楽しく過ごせています。夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、息子のために愛情込めて作っています 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに息子は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです