お菓子やジュースを、止めなければそのまま食べ続けてしまう子ども達。

確かに甘いものは大人でもおいしいし、子ども達には魅力的ですよね。

でも、心配になるのは「虫歯」ではありませんか?

YUKI150321370I9A4393_TP_V

 

そこで今回は、小さな子ども歯磨きの仕方についてお伝えしようと思います。

※関連記事

虫歯にならない!理想の赤ちゃんの歯磨きのやり方パート2!回数は?

子供の虫歯予防法のまとめ!幼児の歯を虫歯から守る方法!

スポンサーリンク

 

保育士オススメ!虫歯にならないための子どもの歯磨きの仕方

YUKATIMGL0402_TP_V

「歯医者さんでフッ素してるから虫歯にはならない!」と思ってる方も多いかと思いますが、大事なのは日頃のケアです!
歯科医でのフッ素添付は濃度が濃いので、中毒が心配になりますね。

ゆくゆくは自分でしなければならない歯磨きなので、仕上げ磨きの際には歯磨きの仕方を、お子さんに伝えるようにしていきましょう。

 

そうしないと、上の歯を磨く概念は子どもにはないのです!知ってましたか?(笑)

 
まずは、奥歯にブラシをあて、回すように磨きます。

 

10まで数えながらすると分かりやすいですね。

次は、表側の歯にななめにブラシをあて、U字を書くように1本ずつ磨きます。

歯の裏側は、付け根から掻き出すように1本ずつ磨きましょう。

これを上の歯にもしていきます。


歯磨きのあとにはフロスを忘れずにしましょう!

歯と歯の間の汚れは歯ブラシでは取れ切れません。

歯と歯の間から虫歯になることも多々あります。


しかし、お子さんによっては「そんなじっとしてくれないよ」「仕上げ磨きできないよ」ってこともあると思います。

子どもが楽しんで歯磨きをできるやり方を色々試してみましょう!

歌を歌いながら、鏡を持たせてみる、親がしているのを見せる、他の子がしているのを見せる、とにかくスキンシップをとる…等々

 

「歯磨きは楽しいこと」が伝わればなんでもいいのです!

押さえつけながらした仕上げ磨きは楽しくないですもんね。


ちなみに我が家では、6歳のお兄ちゃんの歯磨きの仕方を見せていたからか、2歳の娘も自ら仕上げ磨き&フロスもさせてくれます!

FCFS_chokokakekukki_TP_V1

ここまでたくさんお伝えしてきましたが、1番虫歯にならないのは、「砂糖を摂取しないこと」です。

甘いお菓子やジュースは、たまにのご褒美にして過ごすよう心掛けてみてくださいね。

以上、(虫歯にならない子どもの歯磨きの仕方)でした。

※参考記事
赤ちゃんや子供の虫歯を予防する方法!最新情報
絶対虫歯にならない方法を発見!最新の虫歯菌を退治する歯磨き粉

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の女の子を持つ初心者ママの本郷リエです。 夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 子育てには悩みも多いですが、子供の成長と共に自分も成長していける気がするので充実感がありますね。 家族のために頑張っている旦那さんを心から尊敬している、夫のことが大好きな頑張り屋さんのママです。 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、子供と旦那のために愛情込めて作っています。 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに娘は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです