赤ちゃんや子どもの成長と共に気になってくるのが「歯磨き」問題ですよね。いくら歯は生え変わるからといっても、乳歯を大切にしないと永久歯に影響してきます。

以前「歯磨きのやり方」はお伝えしたので、今回は虫歯にならない為に重要な歯磨きの回数や時間についてお伝えしようと思います。

※関連記事

虫歯にならない子どもの歯磨きの仕方

子供の虫歯予防法のまとめ!幼児の歯を虫歯から守る方法!


<歯磨きのやり方!赤ちゃんの理想の歯磨きの回数は?>

“歯磨きは食後にするものだ”という印象ではありませんか?

実は、虫歯や歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を形成するには1日~2日かかるので、1日1回でもしっかりと磨けていれば大丈夫なんです!

だから、「虫歯になっちゃう!」と寝ている赤ちゃんや子どもを無理やり起こしてまで、歯磨きをやる必要はないんですよ。


しかし、理想の回数となれば毎食後磨くのが理想的です。

加えて、寝ている間に細菌が繁殖してしまうので、起床後の歯磨きもオススメしています。

なので、1日4回の歯磨きが理想の回数といえますね。

朝食を食べる前にうがいをするだけでも違いますよ。


歯ブラシだけではプラークが取り切れないので、1日1回デンタルフロスも使うようにしましょう。

難しい場合は、最低でも週に2回を目安にしてくださいね。

小さなお子様の場合は、1日4回という回数をしっかり磨くのは難しいかもしれません。

その場合は、就寝前最後の歯磨きは念入りに行うようにしましょう。


<歯磨きのやり方!歯磨きの時間は?>

食後すぐに磨くと歯のエナメル質が弱くなっているので、歯を傷つけてしまうという説もありますが、現在では歯磨きをすることで、口内のプラーク形成時間を短くするためにも、食後すぐに磨くことをオススメしています。

また、歯磨きをしている時間は3分以上15分未満が目安です。

3分より短いと磨き足りない部分が多くなります。


案外長く感じると思いますが、1つの歯につき10秒間小刻みに歯ブラシを動かしていたら、3分間なんてあっという間ですよ!

赤ちゃんや子供にとっては長い時間だと思うので、「まずは10秒ね!」などと声をかけて休憩をはさみながら行うようにしましょう。


<まとめ>

このように、赤ちゃんや子供歯磨きのやり方は「量より質」が大事だということです!

歯とは一生の付き合いになるので、ご自身の歯もお子様の歯もしっかり磨いてくださいね。

以上、(虫歯にならない!理想の赤ちゃんの歯磨きのやり方!回数は?)でした。

※参考記事
赤ちゃんや子供の虫歯を予防する方法!最新情報
絶対虫歯にならない方法を発見!最新の虫歯菌を退治する歯磨き粉

【重要】赤ちゃんの頭皮が赤い症状はシャンプー改善!正しいシャンプーのやり方

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の女の子を持つ初心者ママの本郷リエです。 夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 子育てには悩みも多いですが、子供の成長と共に自分も成長していける気がするので充実感がありますね。 家族のために頑張っている旦那さんを心から尊敬している、夫のことが大好きな頑張り屋さんのママです。 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、子供と旦那のために愛情込めて作っています。 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに娘は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです