外へ遊びに出かけたくなる春。しかし、春の気候は変わりやすいので油断は禁物です。

また保育園では入園後、生活リズムや環境の変化で、不安定になったり、体力を消耗したりして体調を崩すことも考えられます。お子様の体調の変化を見逃さないように、十分配慮したいですね。

スポンサーリンク

ここでは、

春に流行する病気について簡単に特徴をまとめました

ので、参考にしてみてください。

 

【風疹】

耳のうしろや首などのリンパ節が腫れる

発疹が顔・身体全体に広がるが3日ほどで自然に消える

発疹が消えるころにかゆみがでてくる

発疹とともに軽い熱もでるが、3~5日前後で回復する

 

【麻疹:はしか】

風邪に似た症状で咳、発熱、目やに、目の充血を伴う

口の中の粘膜に、白色の発疹がでる

その後熱が下がるが、再び発熱し、同時に赤く小さな発疹が身体全体にあらわれる

症状は10日~2週間程度でおさまる

まれに、肺炎や中耳炎などを合併することがある

 

【りんご病】

発熱、咳、鼻水などの風邪に似た症状が見られる

顔・身体全体に発疹が現れりんごのような赤い頬になる

発疹を日光に当てたり、こすったりすると再び発症する事がある

1週間~10日程度でおさまる

 

【手足口病】

発熱があり、頬の内側や舌、歯茎に水泡の発疹があらわれる

水泡が破れると痛みが強いため、食欲不振になる

悪化すると、まれに髄膜炎を併発することがある

 

【水痘 みずぼうそう】

発熱、身体全体に赤みを帯びた発疹がでる

発疹をかき壊して液体が出ると、再度ウイルスが付着して感染してしまう

1度かかると免疫が出来るので、再度感染することはない

 

【結膜炎】

目やにや目の充血があり、白目がブヨブヨして浮腫があらわれる

悪化すると耳の手前のリンパ腺が腫れ、発熱する

特に春は、花粉で目に異常が表れやすく、乳児や幼児は目をこすって悪化させてしまう事があるので注意が必要である

 

外出後は手洗い・うがいの徹底をしましょう。乳児の場合はウエットティッシュで手を拭いてあげるようにし、なるべく体内へ菌を入れないように配慮してあげてくださいね。

親子で元気に春を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の女の子を持つ初心者ママの本郷リエです。 夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 子育てには悩みも多いですが、子供の成長と共に自分も成長していける気がするので充実感がありますね。 家族のために頑張っている旦那さんを心から尊敬している、夫のことが大好きな頑張り屋さんのママです。 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、子供と旦那のために愛情込めて作っています。 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに娘は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです