自分の子供に願うのはすくすく大きく育ってくれることではありませんか?

でも、子供はすぐに体調を崩してしまいがちです。しかもその理由は様々で、「え?何それ?」といった病気も多いでしょう。


そこで今回は、「子供に多い流行りの病気」をテーマにお伝えしようと思います。

スポンサーリンク


季節ごとにかかりやすい流行りの病気

病気にも季節によってかかりやすいもの、流行りやすいものがあるので、季節に沿って病気を紹介します。


子供に多い春の病気

初めての集団生活や、新しい環境からの疲れによる風邪をひきやすくなります。

保育園・幼稚園デビューをするお子さんは、半分園生活・半分病院といったケースも多くはないことでしょう。

また、花粉症を発症する子供も増えています。

大人がかかるイメージですが、子供でも十分にありえます。子供のうちに発症してしまうと、お外あそびが億劫になってしまうので、早めの受診が大切になります。


子供に多い夏の病気

所謂「夏風邪」と言われるものに、手足口病、アデノウイルス、ヘルパンギーナ、プール熱などがあります。

どれも感染力が高く、クラスで誰かが発症したり、兄弟間で発症したりすると、感染しやすいので注意しましょう。

また、プールに入る事も多いので、水いぼ、とびひ、アタマジラミ、流行性結膜炎などにも注意が必要です。

子供の様子に疑いを感じたら、早めの受診を心掛け、感染源にならないように気を付けましょう。


子供に多い秋の病気

最も病気が流行りにくい季節ですが、段々と寒くなったり、日中と朝晩の気温差が激しいので、体調管理に注意しましょう。

寒くなりだすとRSウイルス感染症が流行り始めるので注意してくださいね。


子供に多い冬の病気

最も病気が流行りやすい時期になります。

嘔吐下痢症として、ロタウイルス、ノロウイルスがあります。

嘔吐物には直接触るのを避け、手袋・マスクを着用して処理するようにしましょう。

とても感染力が高く、家族皆でかかってしまう事も多々あるので気を付けてください。


有名なものに、インフルエンザ、RSウイルス感染症もありますね。

また、水痘(水ぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)も流行りやすくなります。

出席停止の病気が多いので、解熱したからと言ってすぐに登園はせず、医師の指示に従いましょう。


通年

季節を問わずかかってしまうものに、日本脳炎、溶連菌感染症、麻疹(はしか)、伝染性紅斑(リンゴ病)、突発性発疹、風疹(3日はしか)、百日せきなどがあります。


まとめ

色々な病気をお伝えしましたが、聞きなれない病気も多かったのではないでしょうか?

一生に1度しかかからないとされる病気も多いですが、最近では予防接種とのかねあいもあり、2度かかるケースも多々報告されています。

どんな場合でも子供が「普段と違うな」と感じたら、自己判断はせず早めに受診するようにしましょう。

以上≪子どもに多い流行りの病気とは!≫でした。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の女の子を持つ初心者ママの本郷リエです。 夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 子育てには悩みも多いですが、子供の成長と共に自分も成長していける気がするので充実感がありますね。 家族のために頑張っている旦那さんを心から尊敬している、夫のことが大好きな頑張り屋さんのママです。 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、子供と旦那のために愛情込めて作っています。 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに娘は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです