1日の最後にして、最大の課題は「寝かしつけ」ではないですか?

早寝早起きを目標にしているのに、気づいたら寝室で1時間経過なんてことも多々あるのではないでしょうか?
なのに、子どもはまだまだ寝る気配がない・・・夜はお母さんにとっても貴重な時間で、やることもたくさんあるはず。寝かしつけに時間がかかればかかるほど、イライラしてしまいますよね。出来ればすぐに寝ついてほしいものです。

そこで今回は、「子どもが寝ないときの対処法」についてお伝えしようと思います。



スポンサーリンク


子どもに必要な睡眠時間

まずは、各年齢に応じた睡眠時間をチェックしましょう。

・新生児 10~18時間

・3~11ヶ月 10~13時間+4時間の昼寝(午前と午後を合わせて)

・1~3歳 2時間程度のお昼寝も含み12~14時間

・4~6歳 10~13時間

・6~12歳 10~11時間

・13~18歳 8.5~9.5時間

と言われています。

「え!?こんなに寝てないよ!!」と思われた方も多いのでは!?

「寝る子は育つ」と言われることもあるので、睡眠時間はしっかりと確保してあげたいですね。



happy family mother playing in bed with newborn baby

なんで寝ないの?

そもそもなぜ寝つきが悪くなってしまうのでしょうか?

昼寝のさせすぎ

子どもが昼寝をしている間に家事を済ませよう!ちょっと休憩タイム・・・なんて方も多いのでは?しかし、ここで寝かせすぎてしますと、なかなか寝つけません。

運動不足

日中はしっかり体を動かしているでしょうか?家の中にこもりっぱなしだと体力が有り余ってしまっていて、なかなか寝つけません。

寝る前に興奮させてる

TVやスマホなどの人工的な光は、寝るのに必要な「メラトニン」というホルモンを阻害してしまいます。また、戦いごっこや寝る直前にパパが帰宅するなど、子どもが興奮するようなことをやっていると、なかなか寝つけません。



子どもが寝やすいための環境づくり

では、どのように過ごすのが自然な就寝に繋がるのでしょうか?

朝7時までに起こす

朝は忙しいから起きるまで寝かしておくのではなく、朝日をしっかり浴びせることで体内時計がリセットして、1日をスタートできます。

日中はしっかり遊ばせる

天気がいい日なら公園に、天気が悪い日なら支援センターやお買い物などに出かけて、身体を動かして過ごす工夫をするようにしましょう。

昼寝時間を決める

昼食後に1~2時間として、16時以降はさせないようにしましょう。お子さんによっては、少しでも寝てしまうと夜寝つきが悪くなるって子もいるかもしれません。その場合は、お昼寝を辞めて寝かさない工夫を考えるようにしましょう。

晩御飯は寝る時間の3時間前までに済ませる

消化が終わってないと、寝つきが悪くなったり、寝ついたとしても何回も起きてしまったり、体が休まらない原因になってしまいます。

お風呂は寝る1~2時間前に済ます

体が温まって冷めていると、布団の中で体が温まってくるので、寝つきやすくなります。

就寝前はのんびり過ごす

最低でも寝る1時間前にはTVを消し、スマホやゲームなどの液晶に触れないようにしましょう。遊ぶなら、お子さんがリラックスできるような遊びがいいですね。

ルーティーンをつくる

これが終わったら寝る!というような流れが体に染みついていると、寝かしつけをしなくても寝てくれる場合が多くなります。例えば、布団の中で絵本を読むなんていいですね。



子どもが寝ないときの対処法

それでも、お休みの日や予定がある日などには、昼寝の時間がずれてしまったり、就寝前にバタバタしてしまうこともあると思います。そんな時に試して欲しい対処法をご紹介します。

諦める

まずは「今日はもういいや」と思ってみるのもいいですね。寝かさなきゃいけない時間けど、眠くないものは眠くないのでしょうがないのです。
子どもには待っていてもらって(ここでTVはダメですよ)家事を終わらせてしまうもヨシ。「明日の朝にしよう」と早起きする事を心に決め、一緒に寝てしまうもヨシです。

親がイライラしない

お母さんがいくら抱っこしても寝ないのに、おばあちゃんが抱っこしたらすんなり寝たなんて経験はありませんか?
お母さんのイライラは子どもにも伝わってしまうのです。
例えば、上記のように諦めてみると不思議とイライラしないので、穏やかな気持ちで子どもといられて案外すぐ寝てくれたなんてこともあるかもしれませんよ。

素話やお話をする

絵本の読み聞かせでは、電気をつけた明るいところで読むことになりますよね。そして「この本がいい!」と持ってきた絵本は興奮させてしまうお話かもしれません。(子どもが好きな絵本って決まってきますもんね)
そこで、部屋を薄暗くして言葉だけでするお話が「素話」です。既存の物語でもいいですし、オリジナルのものもおもしろいですね。
会話が出来るお子さんなら、今日の出来事などのお話タイムにするのもいいかもしれません。ついつい「後でね」と言って聞いてあげられなかったお話をじっくり聞いてあげると、子ども自身の安心感に繋がり、リラックスして寝られるかもしれません。お話が大好きな子には、「10分ね」などの約束を忘れないようにしましょう。

足や体のマッサージをする

足のマッサージをすると、足が温まってきて自然な入眠に繋がりやすくなります。
また、体へのマッサージもスキンシップになり、安心感が心をリラックスさせてくれますね。

ホットミルクやノンカフェインのハーブティーを飲む

ホットミルクには精神安定効果があり、カモミールティーにはリラックス効果があります。

すやねむカモミール


「おやすみロジャー」がすごい!

「おやすみロジャー」という絵本を知っていますか?第2弾に「おやすみエレン」という絵本も販売されています。
対象年齢は3~7歳とされていますが、お話を聞けるお子さん~大人まで幅広い年齢層で効果が感じられるようです。「たった10分で寝かしつけ!」と言われているので、試してみる価値はありそうですね。

楽天

アマゾン


まとめ

いかかでしたか?「なんで寝ないの!?」と子どもに思ってしまうのではなく、親が「子どもが眠れない状況を作ってしまっていないか」を考える必要がありそうですね。
寝かしつけと言っても、一生の子育てのうちで時間をかけてするのは最初だけです。貴重な子どもとの時間をお母さんも楽しみながら過ごせるといいですね。
以上「子どもが寝ないときの対処法」でした。

スポンサーリンク