子どもは大人よりも体調を崩しやすく、重症化しがちですよね。

さっきまで元気に遊んでいたかと思ったら、夕方に急な発熱!なんて経験多々あります。

子どもの発熱への対処はどうしたらいいのか困まるし、悩みますよね。


そこで今回は、「子どもが発熱した時の対処法」をお伝えしようと思います。

これを読めば、急な発熱にも戸惑わずに対処できるホームドクターになれちゃうかもしれませんよ!!


スポンサーリンク

なぜ発熱するのか


そもそも、なぜ発熱するのでしょうか?

もちろん何かのウイルスに感染していることが原因のことが多いですよね。


でも、それだけでなく「疲れた」「テンションが上がりすぎた」などの理由からも発熱に繋がってしますのです。

「えぇー!そんなことで!?」と思われるでしょうが、子どもには“あるある”です。


発熱の原因を判断する重要な材料になるのが、「子どもの平熱を知る」ことです!

一般的に37.5℃以上が発熱、38.0℃以上が高熱とされますが、平熱との温度差が大切になります。

それによって対処も変わってきますしね。


できれば、起きてすぐ・朝・昼・晩の時間帯での平熱を知っていると便利です。

特に子どもはホルモンのバランスなどから、夕方~夜にかけて体温が上がりやすいので、要チェックですよ。


また、赤ちゃんの場合は「着せすぎ」「温めすぎ」「抱っこのしすぎ」などの理由からも発熱に繋がるので、他になんの症状もないのなら、まずは1枚脱がす対処をして、様子を見てもいいかもしれませんね。


病院に行く目安は?


このように、子どもは体調不良でない時も発熱しやすいのがわかりますね。

では、どのような症状の時に受診の対処が必要なのでしょうか?


・生後3か月未満なのに発熱があった時

・38℃以上の急な発熱があった時

・顔色が悪く、苦しそうにしていたり、ぐったりしている時

・嘔吐や下痢が続く時

・発熱が3日続いている時

・高熱でなくても機嫌が悪い時

・激しい痛みが伴う時


などがあげられます。なので、発熱していても食欲があって元気で、おしっこやうんちにも異常がない場合は急いで受診せずに様子を見てもいいですね。

しかし、以下の場合は救急車を呼んでもいいので、急いで受診してほしいです。

・熱性けいれんがあった時


熱性けいれんとはなんでしょうか!?

熱性けいれんとは、38℃以上の高熱に伴って、6歳未満の乳幼児期に起こる発作性疾患のことを言います。

6歳未満の子どもの10人に1人ぐらい(案外多いですよね!)に起こるといわれ、1~2歳が特に多いです。


この時期は自分からアピールできない場合が多いので、発熱の際には側に誰かがいてあげるのがいいでしょう。

発熱してから24時間以内に起こることが多く、2~3分で収まると言われています。

余裕があれば、何分間のけいれんが起きたかを医師に伝えられるといいですね。


また、熱性けいれんは家族歴が強いので、パパやママ、身近な親族の子どものころに、熱性けいれんの経験があるかどうか調べておくと、心構えが出来ていいですね。


家庭での対処法8つ


では、ホームドクターになるためにはどのような対処法があるのでしょうか?


対処法1 様子を見る

まずはいつもの様子と「いつから」「どこが」「どう」違うのかを見極めましょう。

毎日一緒にいるママなので、「変だな?」と勘が働くときは注意深く様子を見てみてくださいね。

そして受診の際には、その点を医師にしっかり伝えるようにしましょう。


対処法2 安静にする

発熱していても子どもは元気な場合が多いです。元気だからと遊ばせていると重症化しがちです。なので、熱が下がりきるまでは安静にしましょう。

テレビやスマホなどを見続けるのは刺激が強く、安静とは言わないので、できればテレビを消してゆっくりとした気持ちで過ごせるといいですね。


対処法3 体温調節をしてあげる

熱の出始めは悪寒がするので温めてあげましょう。厚めの服や布団をしっかりかけてあげるといいですね。

熱が上がり切ったら、暑く感じてくるので、冷ましてあげましょう。薄目の服に着替えたり、布団から足を出してあげるといいですね。

また、わきの下・首の下・足の付け根などの大動脈が通っているところを冷やす対処が効果的です。


対処法4 お風呂について

お風呂については控える方が多いかと思いますが、汗をかいていたり本人の入りたいという意思があれば熱すぎない温度に設定し、入っても構いません。

鼻が詰まっている時にはお風呂での加湿により、鼻が通りやすくなるメリットもありますよ。

しかし体力を消耗するので、短時間で終えるようにし、湯冷めしてしまわないようにすぐに着替えるようにしましょう。


対処法5 水分補給をしっかりする

発熱時に1番怖いのが「脱水」の症状です。水分補給をこまめにしましょう!白湯と塩を摂るのもいいですが、発熱時には「経口補水液」が適しています。

市販のスポーツドリンクでもいいですが、糖分も多く含まれているので小さなお子さんには抵抗がありますよね。

そんな時には簡単に手作りできますよ。


☆おすすめレシピはこちら☆

手作りイオン飲料の作り方、最アップ。


対処法6 食事

熱があっても「治すためにはしっかり食べさせないと」「薬を飲む前に何か食べさせなくては」と思う人が多いと思いますが、実はそんなことはありません。

食べ物を消化・吸収するには、かなりのエネルギーを使います。発熱時にはウイルスと戦うためにエネルギーを使うので、食欲がないのに無理矢理食べるのはオススメしません。


薬が処方された時には、空腹時に飲んでも大丈夫かどうかを医師に確認しておくといいですね。

食欲があるならば、のど越しがいいものや、炭水化物と消化の良いたんぱく質を摂るようにしましょう。フルーツ類も水分補給とビタミンを摂れるのでいいですね。


逆に、刺激物や油っこいもの、お菓子やジュースなどの砂糖がたっぷりのものは、消化・吸収の際にビタミンやミネラルを消費してしまうので避けるようにしましょう。

ついついのど越しがいいからと、ゼリーやアイスクリームなどを与えてしまいがちですが、気を付けた方がよそさそうですね。


対処法7 解熱剤

38.5℃以上なら、6時間以上の間隔を空けて使用できる解熱剤ですが、高熱でも元気があるなら使用する必要はありません。

高熱で苦しそうにし、なかなか寝られない場合や、ぐったりして元気がない場合などに使用するかどうかを決めましょう。


また、高熱の場合でもまだ熱が上がっていきそうな場合は解熱剤を使用しても効果が薄い場合があります。熱が上がり切ってから使用するのが効果的です。

保存期間が長いので、使用しなかった場合も取っておくと便利です。処方されたら、いつまで使用できるのかを確認しておきましょう。


対処法7 すぐに安心しない

「日中に解熱していても夜になったら上がってくる」「やっと治ったと思ったら中耳炎になる」など、高熱が出た場合は、本当に治ったのかどうかの見極めが大切です。

そのため、解熱してすぐに遊びに出かけたり、幼稚園・保育園に行かせるなど活発な活動は控えるようにしましょう。


自己判断に困った時は


子どもの発熱は、平日の日中とは限りませんよね。夜中や休日の場合も多いと思います。

次の診療時間まで待ってもいいのか、当番医や夜間医療を受診した方がいいのか悩む場合もあると思います。

その場合は、「小児緊急電話相談事業」である「#8000」を利用しましょう。


#8000とダイヤルすると、小児科医からアドバイスを受ける事ができます。

☆詳しくはこちら☆
厚生労働省 小児救急電話相談事業


また、「こどもの救急」というサイトでも受診のヒントを得る事ができますよ。

☆詳しくはこちら☆
こどもの救急


まとめ


いかがでしたか?発熱と言っても様々な理由や対処法がありますよね。

子どもの日常を知っているのはお母さんなので「何かおかしいな?」と思ったら、自己判断だけで安心せずに病院への受診を行ってくださいね。

そして、早期完治に努めましょう!

以上「子どもが発熱した時の対処法」でした。

スポンサーリンク


※関連記事

子供に多い流行りの病気とは!季節別に紹介

秋も油断は禁物!子どもの感染に注意しよう 秋に流行する病気

感染すると重症化に注意 幼児は気を付けよう 冬に流行する病気

幼児は体調の変化に気をつけよう 夏に流行する病気