子供の便秘解消法で悩んでいる方も多くいるかもしれません。

そのような場合には、便秘解消のためにはどうしたらいいのか把握しておくことが大切です。

例えば便秘を解消するために、オリゴ糖の力を借りるのも選択肢の1つです。

便秘解消にオリゴ糖が効果があるのか把握し、子供の便秘解消につなげられるようにしましょう。

子供は自分で便秘解消のために行動できないので、親が解決してあげることが大切です。


※子どものウンチに関係する関連記事です。

幼児の便秘は長期戦!便秘改善のために生活習慣を見直そう!

保育士オススメ!子どものトイレトレーニングの進め方8ステップ

今すぐ出したい子どもの便秘に!即効性のある便秘解消法

子どもの便秘に効く食べ物とおすすめのマッサージ法

スポンサーリンク

子供が便秘になりやすい原因

子供の便秘解消を目指す場合、最初に原因について考えるようにしましょう。

原因がわからなければ、より良い対処を行うことはできません。

自分の子供がどのような原因で便秘になっているのか把握し、何か生活において問題があるなら解消することが大切です。


1 食生活

便秘にとって大きな原因となるのが、食生活の乱れです。

もしも便秘で悩んでいるのであれば、普段子供が食べているものを考えてみてください。

お菓子を食べてばかりいる、もしくは野菜嫌いというような場合には注意が必要です。


便秘解消のためには、栄養バランスの取れた食事が必要不可欠です。

食物繊維を摂取させるだけではなく、ミネラルやビタミンにも気をつけて子供に食べさせるものを考えるようにしましょう。


しかし野菜を食べさせたいと思っても、好き嫌いが多くて困っている家庭が多いのも事実です。

サラダなどで野菜を食べさせるのが難しい場合には、スープや野菜ジュースにするなど摂取のさせ方を工夫するのも1つの手です。


子供の野菜嫌いで悩む家庭も多いので、どのように克服させているのかほかの方のアイディアを参考にすることも可能です。

栄養バランスの取れた食事をさせることは、便秘解消以外にも子供の成長において大切なことです。


思うように作った食事を食べてもらえないと親が嫌になってしまうかもしれませんが、上手に付き合っていくことも大切です。

また栄養バランスの取れた食事を考えるときには、食育について学ぶのも1つの手です。

特定の栄養が含まれる食材は1つではないため、どのような食材を食べさせればいいのか理解することも大切です。


2 睡眠時間

また食事だけではなく、睡眠に気を使うことも忘れてはいけません。

親が夜更かしをすることが多い家庭だと、子供も一緒になって夜遅くまで起きているということもあるでしょう。

しかし便秘解消のためには、規則正しい睡眠も必要です。

そのため親が仕事で夜遅くなる場合でも、子供は早く寝せるようにしましょう。


3 食事の時間

睡眠の時間だけではなく、食事の時間を一定にすることも大切です。

毎日同じ時間にご飯を食べる習慣を作ることで、腸内環境を整えることにつながります。

規則正しい食生活が、便秘を防ぐために大切だということも把握しておきましょう。


4 水分不足

また赤ちゃんの場合には、水分不足が原因になっているケースも多く見られます。

特に母乳ではなく調整ミルクで育てている場合には、消化に時間がかかって便秘の原因になることもあります。

人によっては、1日1回便がでないと心配する方も多くいます。

ですが毎日出ない=便秘ではないので、一人一人の状態に合わせて便秘かどうか判断することを忘れないようにしましょう。


5 ストレス

便秘のときに気をつけなければいけないその他のポイントの1つが、ストレスです。

子供は大人と違ってストレスをため込むことはないと考えている方もいますが、そのようなことはありません。

2歳くらいの子であったとしても、日々の生活の中でストレスをためることもあります。

ストレスが原因で便秘になってしまうこともあるので、注意が必要です。


子供の便秘解消について考えるときには、食生活の乱れだけではなく日々の生活で緊張状態が続くことがないか考えてみましょう。

家庭での環境だけではなく、保育園や幼稚園に通っている子供は、園での生活について考慮することも忘れてはいけません。


例えば保育園や幼稚園に通っている場合、発表会などを控えているケースも見られます。

初めての発表会で緊張していることが原因で、便秘になっているかもしれません。

大人にとっては些細なことでも、子供にとっては精神的に大きな負担となっていることもあるので、注意深く観察してあげるようにしましょう。


6 家庭環境

また便秘は外での生活が原因ではなく、家庭内の問題が影響しているケースも見られます。

例えばトイレトレーニングをしているときに、親から怒られるのがトラウマになっているかもしれません。

親はちょっと注意しただけのつもりでも、大きな負担になっていることもあります。


ほかにも反抗期でストレスがたまっているということも考えられます。

このように小さな子であっても、ストレスをためる可能性も存在しています。もしも便秘で悩んでいるのであれば、食生活を見直すだけではなく家の中でリラックスできる環境を整えることも大切です。


ストレスがたまっていてもリラックスできる環境を作ってあげることによって、便秘解消につながるかもしれません。

また子供のストレスがたまったサインを見逃さないようにするためにも、家庭内での会話を大切にするようにしましょう。

子供のストレスは、大人に相談できずにためこんでしまうこともあります。

気が付かないうちにストレスをためこむと、便秘以外の影響が出るかもしれません。


体への影響を最小限に抑えるためにも、家庭内でリラックスできる環境を作ってあげることが大切です。

家の中でばかり遊んでいることがストレスの原因になることもあるので、外でのびのびと遊べるように工夫するのも1つの手です。

子供によってストレスの原因は異なるからこそ、1人1人の状況に合わせて対処しましょう。


子供の便秘解消法にオリゴ糖がオススメの理由

幼児の便秘解消のために食生活を改善したいと思っていても、なかなかうまくいかないということもあるでしょう。

子供は食が細いため、バランスの取れた食事を作っても思うように栄養が摂取してもらえないかもしれません。


また野菜などの好き嫌いが原因で、取らせたい栄養素が摂取できないこともあります。

野菜嫌いはすぐに克服できる問題ではないので、今すぐに解決したい便秘問題に効果が期待できません。


そこで今すぐに効果を期待するための方法として、オリゴ糖に注目するのも1つの手です。

また幼児の場合には、食生活の改善によって便秘が解消できることもあります。

しかしミルクしか摂取していない赤ちゃんの場合だと、食生活を改善することはできません。

そこで好き嫌いの多い幼児や赤ちゃんの便秘を解消するために、オリゴ糖を利用するのも選択肢の1つです。


オリゴ糖であれば、好き嫌いの多い幼児でも手軽に摂取できます。

粉末状のものを選択すれば、普段子供が食べている食事にかけてあるのも1つの手です。

ご飯などに混ぜてしまえば見た目の変化もないので、好き嫌いが多い場合でも気にせずに食べられます。


また幼児だけではなく、赤ちゃんでも摂取しやすいのがオリゴ糖の魅力です。

粉ミルクをあげている赤ちゃんであれば、粉ミルクにオリゴ糖を混ぜてみましょう。

初めは嫌がる可能性もあるので、様子を見ながら少しずつ与えることが大切です。


赤ちゃんによっては、哺乳瓶だと飲むのを嫌がることもあります。

そのような場合には、粉末タイプのオリゴ糖を少量の水で練ります。

練ったものを御母さんの乳首につけてから赤ちゃんに加えさせることで、哺乳瓶が苦手な子でもオリゴ糖を摂取させられます。


※おすすめ




オリゴ糖の効果とは?どんな働きがある?

子供の便秘解消のためにオリゴ糖がいいと言われても、どのようなものかよくわからないという方も多くいるでしょう。

そのような場合には、最初に概要を把握しておくことも大切です。


    オリゴ糖がどのようなものか?

    どんな効果が有るのか?

オリゴ糖を把握しておくことで、子供に安心して与えることにつながります。


オリゴ糖とは

小さな単位の糖が2~20個結合してできる糖類を総称してオリゴ糖と呼びます。

実は母乳にも含まれている成分で、天然の動植物由来の糖類です。

多く含まれている食材としては、はちみつやにんにくさらには大豆などがあげられます。


実際にオリゴ糖が腸に入ると、ビフィズス菌を増加させます。

ビフィズス菌が増えることによって、腸内環境を整える効果が期待できます。


さらに便通の改善やミネラルの吸収を促進させることにつながります。

ほかにも大腸がんの予防や虫歯の原因になりにくい糖であるなど、さまざまな特徴があります。


腸内環境を整えるために大切なのは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やして活性化させることです。

そして善玉菌の数を増やして活性化させるためには、栄養分を与えることが必要です。


オリゴ糖には、ビフィズス菌などの善玉菌の栄養分となる効果が期待できます。

栄養分を与えて善玉菌を活性化させることで、腸内環境が改善されます。


腸内環境がよくなることで、便秘解消にもつながります。

オリゴ糖は、1種類だけではなく約20種類も存在しています。


種類がある中で「消化性」と「難消化性」にわけられ、便秘に効果があると期待されているのは「難消化性」タイプです。

消化が難しいという字の通り、難消化性はすぐに消化されません。小腸まで消化されないことで便秘改善のために核だつ働きをします。


赤ちゃんの腸内環境をよくするために、母乳やミルクにはオリゴ糖が多く含まれています。

離乳食に切り替え始めると、母乳を摂取する量が減るため自然とオリゴ糖を摂取する機会が少なくなります。

少なくなった摂取の機会を補うためにも、積極的に摂取させてあげることが大切です。


また注意しなければならない点として、お母さんの食事内容があげられます。

お母さんの食生活が乱れていると、母乳の成分にも変化が出ます。

母乳を飲ませているからオリゴ糖が十分に摂取できていると判断するのではなく、お母さんの食生活に問題がないか考えることも忘れないようにしましょう。


オリゴ糖を子供の便秘解消に使うメリット

オリゴ糖を子供に与える最大のメリットは、便通をよくできることです。

ほかの成分でも便通をよくすることはできますが、オリゴ糖が選ばれる理由の1つが母乳にも含まれている成分であるという点です。


母乳にも含まれる成分ということは、赤ちゃんの体にとって必要だからです。

そもそも母乳は、赤ちゃんの体のことを考えた成分になっています。

そのような成分に含まれているオリゴ糖だからこそ、赤ちゃんには必要なのです。


赤ちゃんに必要な成分であるオリゴ糖ですが、お母さんの栄養バランスの影響や離乳食などの切り替えの時期などに不足してしまうこともあります。

不足することで便秘になってしまう可能性があるため、足りない分を補うためにオリゴ糖を与えるメリットが生まれます。

腸内環境を整えるためにも、適切にオリゴ糖を利用できるようにしましょう。


また便秘解消だけではなく、さまざまな効果が期待できるのも子供にオリゴ糖を与えることならではのメリットです。

例えば必要な成分だと言われても、カロリーの問題が気になるという方も多くいます。


糖だと聞くと高カロリーだと考える方もいますが、実はオリゴ糖は低カロリーです。

カロリーが低いため、安心して摂取させやすいのもポイントの1つです。


ほかにも糖なら、虫歯の原因になると考えている方もいるでしょう。

しかしオリゴ糖には、虫歯の原因になりにくいという特徴も見られます。

小さいころから虫歯になってしまうと、歯医者の治療で嫌な思いをさせることになるかもしれません。

歯医者に通う負担を減らすためにも、虫歯の原因になりにくいというのも大きなポイントです。


さらにオリゴ糖には、甘味が抑えられるという特徴があります。

子供の食事だと、味が濃いものは控えたいと思っている方もいるでしょう。

食事にオリゴ糖をプラスすることで、ほかの味付けを押さえることにつながります。


そのほかにもミネラルの吸収を促進させるなど、オリゴ糖を摂取することのメリットは腸内環境をよくすることだけではありません。

さまざまなメリットがある成分だからこそ、子供にとって摂取させる意味がある成分です。


実際にどのようなメリットがあるのか理解したうえで、摂取させるようにしましょう。

効果を理解しておくことで、摂取するメリットを活かしながら生活することにつながります。


オリゴ糖に副作用はないの?

赤ちゃんや幼児に与えることを考えると、副作用の問題を心配する方も多くいます。

オリゴ糖は母乳にも含まれている成分ですから、赤ちゃんの体に悪影響を与える心配はありません。


またオリゴ糖には特定保健用食品に認められているという特徴も見られます。

このような特徴からも、赤ちゃんにも安心して与えることができる成分だということがわかります。


ただし実際に与えるときには、摂取させればそれだけで問題解決と思い込まないようにしましょう。

オリゴ糖は、腸内環境をよくするために直接働くわけではありません。


あくまで腸内環境をよくするために、ビフィズス菌や乳酸菌のエサになる成分です。

ビフィズス菌や乳酸菌のエサを与えることで、腸内環境をよくすることにつながります。


このときのポイントになるのが、オリゴ糖を摂取する量です。

人間でも、食べすぎたら下痢などで体調を崩してしまう方も多くいます。

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌も、エサが多すぎると思うように働けないこともあります。


そのため摂取するときには、どのくらいの量を摂ればいいのかよく考えるようにしましょう。

最初のうちは体調の変化を見ながら少しずつ摂取するのも1つの手です。


またオリゴ糖自体に副作用がないとしても、それ以外の成分や食品添加物だと話は別です。

安心して与えることができるものを選ぶためにも、どのような製品を選択するかが大切なポイントです。


赤ちゃんに摂取させたい場合には、お母さんが自身が摂るのも1つの手です。

体の小さな赤ちゃんだと、オリゴ糖を直接摂取させるのは不安ということもあるでしょう。


そのようなときにお母さんがオリゴ糖を摂取することで、母乳を通して赤ちゃんに成分を与えられます。

お母さん経由で摂らせたい成分があげられるのは、母乳を飲む間だけです。


そのため幼児になってからも便秘で悩む場合には、幼児自身が摂取できるものを選ぶ必要があります。

またお母さん経由で摂取させる場合でも、母乳に悪影響が出ないように安心できる成分なのか、確認することを忘れないようにしましょう。


副作用がなければ、それだけで安心と考えてしまう方も多くいます。

ですが副作用がないとしても、赤ちゃんの体は影響を受けやすいものです。


子供の体にとっていいものを摂取させてあげられるようにするためにも、成分だけではなく品質の確認も忘れてはいけません。

心配な場合には、実際にあげている方の口コミを参考にするのも1つの手です。


※関連記事

子供の便秘解消法!オリゴ糖とお薬の比較!どっちがオススメ?


オリゴ糖の選び方はのポイント

赤ちゃんや幼児の便秘にオリゴ糖がいいと言われてスーパーへ行ってみたら、市販されている商品の種類が多くて迷ってしまう方もいるかもしれません。

購入するときはどれでもいいと思わずに、どのような選び方をすればいいのか把握しておきましょう。

実は商品の種類に応じて、効果に違いが出ることもあるので注意が必要です。


1 純度

まず確認しなければならないポイントが、オリゴ糖の純度に関することです。

購入する場合には、できる限り純度の高い商品を選びましょう。

できれば純度が100%のものを選ぶことで、安心して子供に摂取させられるものを選ぶことにつながります。


2 その他の成分

また純度だけで判断するのではなく、表示内容をきちんと確認することも忘れてはいけません。

原材料や成分が表記されているか確認したうえで購入するようにしましょう。

特に赤ちゃんに与えるものを購入するときには、表記に不明な点があるものを購入するのは避けることも大切です。


3 スーパーやドラッグストアの安価な商品には注意

オリゴ糖を購入するとき、スーパーやドラッグストアへ行く方も多くいるかもしれません。

しかしスーパーやドラッグストアで販売されいている比較的安価な商品は、オリゴ糖だけではなく砂糖や人工甘味料さらには保存料が含まれているものもあります。


このとき別の成分が含まれているだけではなく、オリゴ糖よりも砂糖のほうが多く含まれている商品まであるので注意しましょう。

では砂糖のほうが多く含まれる商品を選択した場合には、どのような影響があるのでしょうか。


その影響の1つが、砂糖を過剰摂取する可能性があるという点です。

砂糖を必要以上に摂取しすぎないようにするためにも、成分の確認は欠かせません。

近くのスーパーやドラッグストアで純度の高い商品が見つからない場合には、通販を利用するのも1つの手です。


4 形状

また購入するオリゴ糖を選ぶとき、粉末状ではなくシロップ状のものを選ぼうと考える方も多くいます。

シロップ状のほうが子供に摂取させやすいかもしれませんが、腸まで届きにくいタイプしか含まれていないこともあるので注意が必要です。


消化性と難消化性のオリゴ糖がありますが、シロップ状の商品の中には消化性のものしか含まれていないケースも見られます。

せっかく摂取させても、成分が腸まで届かなければ便秘解消につながりません。

便秘解消のために必要なオリゴ糖が含まれているのか確認したうえで、どのような商品を選択するのか考えることが大切です。


家でできる簡単な便秘解消法

家でできる便秘解消法としては、原因に合わせて対策を考えていくことが大切です。


1 食べ物

例えば食生活の乱れが原因で便が出にくくなっているケースも見られます。

そのような場合には、バランスの取れた食事を摂取させるようにしましょう。

食物繊維を多く含む食材や、野菜や海藻類などを意識的に食べさせることも忘れてはいけません。


2 水分補給

また便秘の原因として、水分不足もあげられます。

子供は汗をかいても大人のように喉が渇いたと感じにくいので、いつの間にか水分不足になっていることもあります。

多く飲ませすぎる必要はありませんが、意識的に水分補給をさせることも大切です。


3 お腹マッサージ

手軽にできる便秘解消法の1つが、おなかのマッサージです。

マッサージであれば、赤ちゃんにもやってあげることが可能です。


親子のコミュニケーションにもなるので、便秘で悩んでいるなら一度マッサージをしてあげるのも1つの手です。

マッサージと言われると、技術が必要と思う方もいるかもしれません。


ですが技術が必要ということはなく、おなかを優しくなでてあげるだけでも効果が期待できます。

実際に行うときは、子供をあおむけで膝を少し曲げた状態で寝かせます。

そしたらおなかを「の」の字を書くような形でなでてあげましょう。


またお風呂を出た時間帯に行うなど、毎日決まったタイミングで実施するのも1つの手です。

マッサージにはガス抜きの効果も期待できます。


4 肛門への刺激

赤ちゃんの便秘解消には、綿棒が使われることもあります。

綿棒の先をベビーオイルやオリーブオイルで塗ったら、赤ちゃんのお尻の穴を刺激します。

お尻を直接刺激してあげることで、つまっている便が排出されることもあります。

この方法は赤ちゃんだけに有効というわけではないので、幼児が便秘で困っているときにも試すことが可能です。


5 軽い運動

幼児の便秘であれば、運動不足にも注意しましょう。

1日中家でテレビを見ているような生活だと、運動不足で便通が悪くなってしまうケースも見られます。

外で遊ばせて体を動かすことは、便秘を防ぐためにも大切なことです。


子供を外で遊ばせたいと思っても、近くに公園などの広いスペースがないという方もいるでしょう。

そのような場合には、公園ではなく家の中で体を動かす方法を考えることも大切です。


小さな子供であれば、家の中であっても十分に体を動かして遊ぶことが可能です。

毎日少しでも体を動かすことによって、便秘を防ぐことにつながります。

また親が一緒に遊んであげることで、ストレスの解消にもつながるかもしれません。


子供の便秘と病気の関係

子供の便秘で気をつけなければならない点が、原因が食生活の乱れだけとは限らないという点です。

実は便秘は食生活の乱れやストレスが原因となる以外にも、先天的な病気の可能性もあります。


もしも先天的な病気が原因の場合、親の力だけでは解決することはできません。

問題を解消してあげられるようにするためにも、早めに病院へ行って相談しましょう。


先天的な病気の一例としては、ホルモンの異常や腸の神経の異常などがあげられます。

いくつか原因はありますが、病院へ行って診断してもらうことで正しい原因がわかります。


自分の子の便秘で悩んでいる場合には、念のため1度病院へ行って診断してもらうのも1つの手です。

病気ではないということを判断してもらうことで、安心して対応することにつながります。


実際の診断では、最初のどのような症状で悩んでいるのか聞かれます。

そのため病院へ行く前に、説明ができるように整理しておきましょう。


さらにレントゲン検査などを行って、大腸の構造や便がたまっている状態を調べます。

先天的な病気が原因のこともあるといっても、便秘における原因のほとんどは日々の生活の中にあります。


病気ではないと判明したとしても、病院で薬を処方してもらうことも可能です。

薬を利用することで、便秘解消を目指せます。


実際に病気だった場合には、症状を改善させるために手術が必要になるケースも見られます。

手術を受けるときには、信頼できる小児外科医に任せることを忘れないようにしましょう。


また実際に子供の便秘の相談へ行く場合でも、どこの病院へ行くべきか考えることが大切です。

正しい原因を突き止めたうえで対応できるようにするためにも、検査をするための設備が整っているか確認するのも1つの手です。


もしも先天的な病気と診断されたとき、自分のことを責めてしまう親も多くいます。

しかし先天的な病気だとしても、親が悪いわけではありません。自分を責めるのではなく、今子供のために何ができるのか考えていくことが大切です。


病気が原因だとしても、適切に治療を受ければ便秘解消は可能です。

解消できる問題だからこそ、便通が良くなるようにできることは何か考えていくようにしましょう。


子供の便秘は親の責任!

大人であれば、食生活を自分で気にして腸内環境を整えることも可能です。

しかし子供の場合には、自分で気にすることはできません。


親がバランスよく食事を食べさせようと頑張っても、お菓子ばかりを食べたがるということもあるでしょう。

家庭によっては、何も食べないよりはましだと思ってお菓子を多く食べさせるケースもあるかもしれません。


ですがお菓子中心の食生活で、便秘になってしまっては意味がありません。

子供が便秘になる原因は先天的な病気の可能性もありますが、ほとんどの場合は食生活の乱れによるものです。


そして食生活の乱れが原因であれば、親が気をつけてあげるだけで解消できるケースが多いのです。

自分で気をつけることができない子供だからこそ、腸内環境を整えてあげえるのは親の責任です。


親としての責任を果たすためにも、どのような点に注意したらいいのか把握しておきましょう。

また子供の便秘が親の責任だと言われると、難しく考えてしまう方もいるかもしれません。

中には思いつめてしまう方もいますが、1人で悩む必要はありません。


母親が1人で悩むのではなく父親に相談する、自分の両親に相談するなど一緒に考えてくれる方を作りましょう。

一緒に考えてくれる相手というのは、ママ友やかかりつけの医師でも構いません。

誰かと一緒に考えていくことで、一緒に問題を解決していくことにつながります。


また子供の便秘の原因は、それぞれの家庭で異なります。

同じ食生活の乱れが原因だとしても、お菓子の食べすぎが問題なこともあれば野菜不足が影響しているケースも見られます。

そのため家庭ごとに何が問題なのか考えて、適した対応ができるようにすることが大切です。


便秘のために対策を行ったとしても、すぐに効果が出ずに焦ることもあるかもしれません。

ですがオリゴ糖を摂取させるなどの方法で対策を立てたとしても、すぐに劇的な効果は期待できません。

オリゴ糖が便秘解消に効果があるといっても、薬のように即効性があるわけではないのです。

そのためすぐに効果が出ると思うのではなく、様子を見守っていくようにしましょう。


またオリゴ糖を与えれば腸内環境を整えられると考えるのではなく、ほかの方法と並行することも大切です。

マッサージなどと並行して行っていくことで、腸内環境を整えやすくなります。

人によっては、便秘が解消されたらオリゴ糖の摂取を辞めるという方もいるかもしれません。

ですが摂取を辞めるとまた便秘になる可能性があるので、様子を見ながら判断しましょう。


まとめ

子供が便秘になってしまう原因には、食生活の乱れやストレスなどさまざまな原因があげられます。

中には先天性の病気が原因の可能性もあるため、医師に診察してもらって適切な対応ができるようにしましょう。

また赤ちゃんの便秘解消のために、オリゴ糖を利用するのも1つの手です。

母乳にも含まれている成分なので、赤ちゃんの腸内環境改善のための効果が期待できます。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の女の子を持つ初心者ママの本郷リエです。 夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 子育てには悩みも多いですが、子供の成長と共に自分も成長していける気がするので充実感がありますね。 家族のために頑張っている旦那さんを心から尊敬している、夫のことが大好きな頑張り屋さんのママです。 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、子供と旦那のために愛情込めて作っています。 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに娘は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです