「子供が嫌がって歯磨きをするのが大変。。なんかいい方法はないのかな?」

「虫歯ができないようにちゃんと歯磨きしないと。。でも子供は泣き叫ぶし。。対策方法を教えて!」

このように、お子さんの歯磨きで悩んでいるママさんは多いですよね?

私も毎日子供の歯磨きの時間は憂鬱でした。


歯磨きを嫌がる2才の子供をどうしたらいいのか。。と悩む日々。

歯磨きをする時に泣く子供を見ると、私まで泣きそうになっていました。

周りのママさんに聞くと、みんな歯磨きができているみたいだし「なんで私だけ!」と焦ることも。

でもこれじゃいけない!と色々な対策方法を調べて実践した結果、今ではなんとかうまく歯磨きができることになりました!
(といっても2才の子供なので、その日の気分によっては泣きわめくこともありますが笑)



このブログをご覧になっているということは、あなたもお子さんが歯磨きを嫌がることに悩まれている方なのではないでしょうか?

そんな方に少しでも参考にしていただけるように、実際に私が試した子供が歯磨きしない時の対策方法を紹介します!



誰でも簡単にできて、今日から始められる対策方法なのでぜひ参考にしてくださいね。

まずは始めに子供は歯磨きを嫌がる理由を簡単に説明していきます!

※関連記事

子供の虫歯予防法のまとめ!幼児の歯を虫歯から守る方法!

虫歯にならない子どもの歯磨きの仕方

虫歯にならない!理想の赤ちゃんの歯磨きのやり方パート2!回数は?

歯磨きは親子のコミュニケーション  歯磨きの時間を楽しくする方法

2才の子供が楽しく歯磨きできるコツ5選!

スポンサーリンク

子供が歯磨きを嫌がる4つの理由

子供が歯磨きを嫌がる時の対策方法を紹介する前に、まずなぜ子供が歯磨きを嫌がるのか。

その理由を簡単に紹介しますね。

歯磨きを嫌がる理由には必ず理由があるんです。

覚えておいてくださいね!


【理由①】歯磨きは痛い!口の中が気持ち悪い!と感じる

歯磨きは痛いと思い込んでいるお子さんが多いようです。

口の中はとても繊細で、歯茎に歯ブラシの毛が触れるだけでお子さんは痛いと感じてしまいます。

ついつい歯を磨くことに力が入ってしまい、歯茎から血を出してしまったこともありませんか?

痛い経験を1度でもすると、子供は敏感になってしまい歯を磨くことを怖いと思い込んでしまいます。

歯ブラシは今まで口に入れてきたものと感触が違い、歯ブラシが歯茎に触れるだけで気持ち悪いとも感じてしまうことも多いようです。


【理由②】歯磨きの時にママが怖くなる!

「虫歯にならないように!ちゃんと磨かなければ!!」

と思い、無理に歯磨きをするママさんが多いと思います。

私もその一人でした。

お子さんに歯磨きをさせたくて、歯ブラシを持ったまま怒ったりしてしまう事もありますよね。

ママの想いとは逆効果で、お子さんは歯磨きをするとき=ママが怖くなると思ってしまいます。

さっきまで優しかったママが歯磨きをするときに、怖くなってしまってはお子さんもびっくりしますよね。

お子さんのことを想っての行動ですが、ママさんも肩の力を抜いて

歯磨きは楽しい!ママと仲良くできる!

など良いイメージを持ってもらえるように優しく笑顔でいることを心がけてみてください。


【理由③】押さえつけられるのが嫌

顔や身体を押さえつけられたり、子供は自由に動けない事でストレスを感じてしまいます。

押さえつけて無理やり歯磨きをしたい気持ちも分かりますが、そのような磨き方を続けていても逆効果。

できるだけ子供がストレスを感じる事なく、無理な力を使わずに歯磨きができるように意識してみてくださいね。


【理由④】歯磨きするよりも遊んでいたい!

遊びを中断してまで歯を磨きたくないと思ってしまうお子さんが多いと思います。


歯磨きの大切さを知るのはまだ先のことですが、日頃から虫歯ができると「イタイ、イタイになるよ。」と言い遊ぶことよりも歯磨きの大切さを教えてあげましょう


この4つが子供が歯磨きを嫌いになる主な理由です。

つまりこのことをしないと、歯磨きが嫌いになりにくいということですね!

歯磨きを好きになってもらうには、この嫌いになる理由をしっかり踏まえて歯を磨いてあげてください!

家族にも子供の歯磨きに協力してもらいましょう!

ここでお伝えしておきたいことがあります。

それは「歯磨きはママばかり頑張る必要はない!」ということ。

たまには、パパなど他の家族にお願いするのもいいと思います。


私も最初は歯磨きをするときに毎日泣く子供にストレスを感じていました。

ある日、突然旦那が「子供の歯磨きしようか?」と言い、絶対泣くだろうなぁ。。と思っていたら泣く事もなく、娘は笑顔で歯磨きをしていました。

私は歯磨きをするときはいつも泣くのに、どうして旦那では泣かないの?と少し悔しさもありましたが。。。笑


結果、旦那と歯磨きをしたときは泣く事もなく笑いながら、いつもより短い時間で歯磨きが終わりました!

実はそのことがきっかけで普段私がしている歯磨きを見直すことになり、このブログを書くきっかけにもなったんです。

私はこの方法で子供の歯磨き嫌いを克服しました!!

それでは今回の本題。

私がおすすめする子供が歯磨きを嫌がってしない時の対策方法、成功体験談を紹介していきます!


私はただいま2才の子供を育てています。

歯磨きにはとても苦労しました。
(いや、正確には今も苦労してます。笑)

少し前までは私が歯ブラシを持っただけで子供が逃げて行き、無理やり押さえつけて歯を磨く日々。


子供は歯磨き中に泣きますし、磨き終わった後は機嫌が悪くなるので毎日歯磨きの時間が私にとって憂鬱な時間でした。

もちろん子供にとっても憂鬱な時間だったと思います。


タブレットなどで好きな動画を見せながら歯を磨いてみましたが一時的な効果しかなく。。。

2才ではまだ歯磨きの大切さも分からないし。。。

でも、母としては子供を虫歯にさせたくない!

その想いで泣いても構わず、押さえつけて歯を磨く毎日。

今思うと歯磨きをするときの私は子供にとって怖かったと思います。。。


このままでは、お互いに歯磨きの時間がストレスでしかないと思い悩んでいたところ、先ほど紹介したように旦那と子供が楽しそうに歯磨きする姿を見て初めて反省。


今まで子供を虫歯にさせないようにとしていた私の歯磨き方法は間違っていたと気付いたんです。

考え方をガラッと変えてまずは歯磨きを子供と一緒に楽しみながらすることを一番に考えました。


具体的にはまず会話をしながら歯を磨くことにしたんです。

私 「ママの歯を磨いて?」

子供 「いいよー」

順番に

私 「次は○○ちゃんね?」

子供 「うん!」

など初めはコミュニケーションをとりながら歯磨きをすることからスタート!

すると、まるでおままごとをするかのように、子供は喜んで歯磨きをしてくれたんです!

ぬいぐるみを使って歯磨きをしたりといろいろ試しましたが、会話をしながら歯磨きをすることが1番ウチの子供には合っていた方法のようでした。

少しずつ歯磨きの恐怖心が和らいだのか、この方法を続けているとそのうち歯磨きをさせてくれるようになりました。


そして今では、寝る前になると自分で歯ブラシを持ってくるまでに!

我が家では、このようにまず歯磨き=楽しいもの、遊びの延長のようにしたのがよかったのかな〜と思います。


成功体験談というと少し大袈裟かもしれませんが、この方法を始めて以来、よほど機嫌が悪くなければ歯磨きをさせてくれるようになりました!

ポイントは楽しみながらおままごとのように!です!

よかったらぜひ一度試してみてください!

歯磨きを好きになる方法をいくつかご紹介します!

我が家では会話をしながら歯磨きをするという対策方法が合っていましたが、もちろんその子に合っているかはやってみないとわかりませんよね。

会話だけでは歯磨きをさせてくれない子も多いと思います。

そこで会話をする以外に、様々な歯磨きを好きになる方法をいくつか紹介するので参考にしてください!

まずはこれから紹介する対策方法を、1つずつ試してみることをおすすめします!!


歯磨きの最後は子供を褒めてあげる

歯磨きをしっかりさせてくれたり、嫌がらずに出来たとき、お子さんが自分で出来たときは大袈裟なくらい褒めてあげるのも一つの手です


その他でも、歯ブラシの持ち方や歯の磨き方など些細な事でもなんでも大丈夫!

ママに褒められたいと思い、少しずつ歯磨きが好きになるはずです。

最後にぎゅっと抱きしめてあげるのもおすすめ!


歯磨きをしっかりできたら子供にご褒美をあげましょう

最後に褒めるのも良いですが、楽しみやご褒美を作ってあげるのもおすすめ!

子供と一緒に簡単な歯磨き表を作り、歯磨きが終わったら好きなキャラクターのシールを貼ってあげてください。


シールを貼るときに

「次はこのキャラクターのシールを貼ろうね。」

など次も歯磨きをしたら

「楽しみが待っているよ!」

と教えてあげて、シールが何枚か溜まったらご褒美を買ってあげるなども、毎日歯磨きを継続させる時に有効ですね!

これは保育士さんに教えていただいた方法です!


歯磨きの仕上げは短時間で

お子さんは長く口を開けていると息苦しくなったり、唾液がたまって呼吸しずらくなります。

歯磨きをしている状況では唾液を吐き出す事が難しく飲み込んでしまうことが多いです。


このように苦しい歯磨きは、お子さんにとってもつらいので歯磨きを嫌いになってしまいますよね。

うがいができるようになるまでは短い時間で歯を磨く事がおすすめです。


歯磨き中は子供に笑顔を見せる

先ほど紹介しましたが、子供に歯磨きは楽しいと思わせるにはまずママが笑顔で優しく歯を磨いてあげる事が1番だと思います。


「ママの歯も磨いて?」など、会話をしたり遊びながら一緒に歯磨きをするのは本当に効果的でおすすめです!

歯磨き中はママと一緒に遊べる時間だと思ってくれると、歯磨きのハードルが下がって少しずつ歯磨きをさせてくれるようになりますよ。


子供の歯ブラシの選び方

今お子さんの使っている歯ブラシはどうやって選んでいましたか?


歯ブラシを子供に選ばせるとおすすめです!

私も、最初は適当に子供用の歯ブラシを選んでいましたが、

「歯磨きを少しでも好きになってくれたらいいなぁ。。」

と思い子供に歯ブラシを選ばせてみました。


子供は歯ブラシ選びをすごく迷っていましたが、歯ブラシを自分で選ぶと喜んで歯磨きをするように!!

お子さんの好きなキャラクターなどを使わせると効果的。

歯ブラシは消耗品だし、キャラクター物は価格が少し高いので避けていましたが、喜んで歯磨きをしてくれる姿を見ると嬉しくなり、それからずっとキャラクターの歯ブラシを使っています。


歯ブラシの交換期間は、毛先が開いたりしていなければだいたい1ヵ月で交換するのがおすすめです。


子供の好きな歌を歌いながら歯磨きをする

歯磨きをするときに、お子さんの好きな歌を歌いながら磨いてみましょう。

大人も好きな曲が流れると楽しい気分になりますよね。

子供も一緒です。


好きな曲をかけたり、歯磨きの歌を歌ったりしながら「歯磨きは楽しい!」というイメージをつけてあげましょう。

子供が好きなキャラクターのぬいぐるみと一緒に歯磨きを楽しくする

アンパンマンやしまじろうやワンワンなど、お子さんが好きなキャラクターのぬいぐるみと、一緒に歯を磨き合ったりするのも歯磨きを好きになってくれるきっかけに。


例えば「アンパンマンが一緒に磨こうよーって言っているよ」など人形を使って歯磨きを促してみるのもおすすめです。

ぬいぐるみに歯ブラシを持たせ、お子さんに渡してあげると喜びますよ!
 
どの方法が、お子さんに合っているのか試してくださいね!

子供とママにとって歯磨きがしやすい体勢とは?

歯磨きを嫌がるお子さんは、嫌がって体を反らせたときに歯ブラシが口の中でぶつかってしまいます。

お子さんの体が動いた瞬間に、歯ブラシが強く歯茎に当たってしまい痛い思いをするとますます歯磨きが嫌いになってしまう原因に。

実はそれを防ぐ体制があるんです!


おすすめの体制はママの股の部分に、お子さんの頭を置いてあおむけに寝かせましょう。

その時にお子さんの膝と肘を、まっすぐ伸ばしてくださいね。

よく動くお子さんには、手鏡を持たせると鏡に興味が行き少しでも長い時間飽きる事なく歯を磨かせてくれますよ。


お子さんが安定した姿勢で歯磨きができるように、リラックスした姿勢をとりましょう。

歯磨きをしないで寝てしまっても大丈夫なの?

日によっては「あっ。歯を磨かずに寝ちゃった!?」ということもありますよね?
 
虫歯予防の為に夜に歯を磨くということは大事ですが、毎日でなければ夜に歯を磨かずに寝ても大丈夫です。


お子さんが、ぐっすり寝ているのに起こしてまで歯磨きをする必要はありません。

大人でも気持ちよく寝ているのに起こされるのは嫌ですよね。笑

その代わりに次の日の朝は、しっかりと歯を磨いてあげてください。

神経質になる気持ちもわかりますが、私たちママさんも少しリラックスしながら子育てしてあげることが子供にも良いんだそうです。
(といってもどうしても神経質になっちゃいますよね笑)

まとめ

子供の歯磨きは、なかなかさせてくれないからと言って放置していい問題ではありません!

虫歯になってしまったら大変ですもんね。

でも子供はそんなことわかってくれないし。。


でも安心してください!

私は今回紹介した方法で、ちゃんと歯磨きが好きになってくれました!(おそらく笑)


それにお子さんの機嫌をとって歯磨きをするのは大体3才くらいまでだと思います。

3才を過ぎれば、意思の疎通もできるようになりますよね。

歯磨きの大切さや虫歯の怖さを、少し理解できるようになってくれるので、そのときは絵本や動画などで歯磨きの大切さを教えてあげましょう!

紹介させていただいた対策方法の中に、1つでもお子さんに合うものが見つかり、ママさんの歯磨きに対してのストレスが少しでも減れば嬉しいです!


よかったら参考にしてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上(2才の子供が歯磨きしないときの対策方法!成功体験談)でした。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の女の子を持つ初心者ママの本郷リエです。 夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 子育てには悩みも多いですが、子供の成長と共に自分も成長していける気がするので充実感がありますね。 家族のために頑張っている旦那さんを心から尊敬している、夫のことが大好きな頑張り屋さんのママです。 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、子供と旦那のために愛情込めて作っています。 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに娘は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです