雨が多い梅雨の時期、冬の寒い雪の時期はお外遊びがなかなか出来ず、室内遊びばかりになってしまいませんか?ママも子どももストレスがたまりますよね。

そんな時はいつもの遊びに少し手を加えてみましょう!家にある身近な物を使って、遊びがどんどん広がる「自在遊び」を紹介します。

子どものその場の発想を取り入れながら、親子で楽しい「遊び」の時間を過ごしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

●新聞紙を使って遊んでみよう

【変身させてみよう】

1枚を広げて・・・・傘やお布団に、体に巻いてスカートやマントに

半分に折って・・・・座布団や絵本に

クルクル巻いて・・・剣や杖に

丸くねじって・・・・腕輪やドーナツ、ハンドルに

 

お子さまからはどんなイメージが膨らむでしょうか...☆

 

【つなげて「道」】

折ったりねじったりした新聞紙を床に敷き、道を作ってみましょう。細い道や広い道、デコボコ道が出来てもおもしろいですね。

 

実際に新聞紙の上を歩いてみましょう(横歩きのカニさんや四つん這いでクマさん、つま先歩きのキリンさんに変身してみましょう)

おもちゃの車や電車を走らせる道路や線路に見立てても楽しめますね。

 

【ビリビリやぶいて「海」】

新聞紙をたくさんやぶいて、「海」を作ってみましょう。

牛乳パックをつなぎ合わせたものや新聞紙を細長く丸めたものをつなぎ合わせ、周囲を囲むと「海」だというイメージが湧きやすくなると思います。

 

「海」が完成したら・・・

いろいろな泳ぎ方で泳いでみましょう(カエル泳ぎや仰向けのラッコ泳ぎ など)

宝探しゲームをしてみましょう(宝物はナイロン袋に入れて、新聞紙の中に隠しましょう。親子でどっちが見つけるのが早いか競争しても楽しいですよ)

 

【丸めてリング】

新聞紙を丸め、つなぎ合わせリングにしてみましょう。大きさに変化をつけて、いろいろな大きさのリングを作ると楽しいですよ。

 

輪投げで遊びましょう(ペットボトルや牛乳パックでスタンドを作り、スタンドめがけリングを投げて遊びましょう)

ケンパをしてみましょう(リングを床に置き(テープで固定した方が安全でしょう)ケンパで遊んでみましょう。両サイドからケンパをして駆け寄り、ジャンケンゲームをしても楽しいですよ)

 

 

新聞紙で遊ぶ際には、思う存分遊べるように新聞紙を大目に準備してあげてくださいね。

新聞紙を破いたりすると、室内は大変な事になりますが、遊ぶときは気にせず思い切り遊びましょう!

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の女の子を持つ初心者ママの本郷リエです。 夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 子育てには悩みも多いですが、子供の成長と共に自分も成長していける気がするので充実感がありますね。 家族のために頑張っている旦那さんを心から尊敬している、夫のことが大好きな頑張り屋さんのママです。 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、子供と旦那のために愛情込めて作っています。 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに娘は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです