「ダンボール」って意外と家にたまりますよね。

今までは遊びに使う事無くゴミに出していた「ダンボール」も、お子さまとの遊びに利用してみませんか?

箱のままでも、それから解体しても使えます!ダンボールならではの感触をたくさん楽しめる遊びを紹介します。親子で思い切り楽しみましょう。

スポンサーリンク

 

●ダンボールを使って遊んでみよう

【はがしてちぎって「アート」】

ダンボールをバリバリはがし、デコボコ段ボールにして遊んでみましょう。デコボコの感触を楽しみましょう。

 

お絵かきしてみましょう(デコボコ段ボールにクレヨン、色鉛筆、ペンなどで絵を描いてみましょう。音と感触が楽しいですよ)

切ってクルクル丸めてみよう<小さいお子さまは大人の方が切ってあげてくださいね>

(細長く切って、クルクル丸めてみましょう。のり巻き・カタツムリ・タイヤ・キャンディーなど好きな物を作って遊んでみてください)

 

【かぶって「車」「電車」】

段ボール箱のフタ部分を上下とも切り取ります。そして、ダンボールをすっぽりかぶり、腰の位置辺りで固定するように持ちます。“ブッブー”の「車」や“ガタンゴトン”の「電車」に変身させて遊んでみましょう。

段ボールの側面に、窓やタイヤの絵を描いたり貼ったりすると、よりお子さまのイメージがわいて遊びが盛り上がります。

 

【敷き詰めて「お部屋」・組み立てて「お家」】

段ボールを開いて床に敷いて、「お部屋」を作ってみましょう。

座ったり寝転がったり、裸足で歩いてみると、どのような感触が味わえるでしょうか。お子さまの感じた事に共感してあげましょう。

 

段ボール箱のコーナーを残して、お部屋の仕切りや壁を作っても楽しいです。お子さまと一緒に壁に絵を描いたり、窓や扉を作ったりする事も出来ます。

世界に1つしかない「お家」の完成が楽しみですね。

 

 

段ボール箱の組み立てに使用してある金具でけがをしないように、金具の上にガムテープを貼るか、金具を取ってしまってから遊ぶようにしましょう。

雨や雪でなかなか外に出られない日も、室内でたくさん遊びましょう!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

本郷

2歳の女の子を持つ初心者ママの本郷リエです。 夫婦共働きなので家庭の家事も分担制で、協力し合いながらなんとかやっています。結婚6年目の仲良し夫婦です。(笑) 子育てには悩みも多いですが、子供の成長と共に自分も成長していける気がするので充実感がありますね。 家族のために頑張っている旦那さんを心から尊敬している、夫のことが大好きな頑張り屋さんのママです。 趣味:キャラ弁作り    技術が伴っているかは別として、子供と旦那のために愛情込めて作っています。 好きなキャラクター:アンパンマンに登場する【ホラーマン】【おくらちゃん】が好きです           ちなみに娘は【カレーパンマン】です 好きな遊び:かくれんぼ       2歳児とのかくれんぼはかわいい場面にたくさん出会えます 好きな言葉:なんとかなるさ       何事も前向きです